レース分析@2017東京都高校総体 男子400mH決勝

昨年の国体少年A男子400mH優勝の井上大地(東京高)は14日,インターハイ東京都予選の400mH決勝で50秒37(日本高校歴代9位)をマークした.ここでは,そのレースの分析結果を,昨年の国体決勝レースのもの(記録51秒36)と比較することによって,お伝えする.分析に用いた映像は,YouTubeチャンネルの陸上 Track & Fieldおよびno1231yが作成・公開したもの(陸上 Track & Field, 2017;no1231y,2017)である.各映像は毎秒29.97フレームのレートであった.

1. 井上大地のタッチダウンタイム,インターバルタイム

2.井上大地のレース中の区間平均走スピードの変化

分析に用いた映像
①陸上 Track & Field (2017) 井上大地 50.37 NGR NAR 決勝 男子400mH 東京高校総体陸上2017
https://www.youtube.com/watch?v=X-zTV7dwFnc, (accessed 2017-05-14)
②no1231y (2017) H28 いわて国体 少年男子A 400mH 決勝
https://www.youtube.com/watch?v=Wraz7I4qrE4, (accessed 2017-05-14)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする