レース分析@ゴールデングランプリ2017川崎110mH,100mH

昨日(2017年5月21日)行われたゴールデングランプリ2017川崎(Golden Grand Prix 2017 Kawasaki, IAAF World Challenge Meetings) の男子110mH,女子100mHのバイオメカニクスレース分析結果をお伝えする.分析に用いた映像は,テレビ映像(TBS),YouTubeチャンネルの陸上 Track & Fieldてつプラス,および20pregreatrun16が作成・公開したもの(陸上 Track & Field,2017;てつプラス,2017; 20pregreatrun16,2017a, 2017b)である.各映像は,テレビ映像では毎秒29.97フレーム(59.94インターレース),陸上 Track & Fieldおよびてつプラスでは毎秒29.97フレーム,20pregreatrun16では毎秒59.94フレームのレートであった.

1.男子110mH決勝(-1.8)

2.女子100mH決勝( 0.0)

分析に用いた映像
陸上 Track & Field (2017) 3)大室秀樹 4)矢澤航 男子110mH セイコーゴールデングランプリ陸上2017
https://www.youtube.com/watch?v=gIZlSOLj3zQ, (accessed 2017-05-21)
②20pregreatrun16 (2017a)
SEIKO GGP2017 Men110m hurdles Wenjun XIE13.51(-1.8)謝文軍 TRAJKOVIC OMURO YAZAWA SWIFT MASUNO
https://www.youtube.com/watch?v=1hcEZPLIIgs, (accessed 2017-05-21)
20pregreatrun16 (2017b)
SEIKO GGP2017 Women100m hurdles Queen HARRISON12.65(0.0) PORTER OFILI KIMURA JUNG NORMAN
https://www.youtube.com/watch?v=00JQt6ofiXQ, (accessed 2017-05-24)
④てつプラス (2017)
ゴールデングランプリ陸上2017 女子100mH 2017.5.21
https://www.youtube.com/watch?v=kPwDv3uTcMo, (accessed 2017-05-24)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする