レース分析@2017関西実業団&ゴールデングランプリ2017川崎 男子400mH

一昨日(2017年5月20日)および昨日(2017年5月21日)行われた第61回関西実業団陸上競技選手権大会とゴールデングランプリ2017川崎(Golden Grand Prix 2017 Kawasaki, IAAF World Challenge Meetings) の男子400mH決勝のバイオメカニクスレース分析結果をお伝えする.分析に用いた映像は,YouTubeチャンネルの20pregreatrun16が作成・公開したもの(20pregreatrun16,2017a,2017b)である.なお,各映像は毎秒59.94フレームのレートであった.

1. タッチダウンタイム,インターバルタイム,歩数

2. レース中の区間平均走スピードの変化

分析に用いた映像
①20pregreatrun16 (2017a) Kansai Corp Championships’17 Men’400m hurdles final Yuta KONISHI49.76(GR)1st 小西勇太
https://www.youtube.com/watch?v=jWB8LVsWyKE, (accessed 2017-05-22) ※2017年6月7日に動画削除を確認.
②20pregreatrun16 (2017b)
SEIKO GGP2017 Men400m hurdles Quincy DOWNING48.96 Takatoshi ABE MAGI MATSUSHITA KONISHI BURTON
https://www.youtube.com/watch?v=_g9ItJtD-tI, (accessed 2017-05-22)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする