陸上競技学会誌

17巻(2019)

  1. 田中 透・吉本隆哉・瓜田吉久(2019)陸上競技ハンマー投げ選手におけるターン動作と投擲能力との関係.陸上競技学会誌,17:1-8.
  2. 熊野陽人・中嶋俊文・松原 奨・津田 将・嘉屋千紘・大沼勇人・植田恭史(2019)男子走高跳選手の経年的な記録向上に伴うバウンディング能力の変化.陸上競技学会誌,17: 9-16.
  3. 戸邉直人・苅山 靖・林 陵平・木越清信・尾縣 貢(2018)走高跳の曲線助走における踏切準備動作の検討.陸上競技学会誌,17:17-23.
  4. 比留間浩介・渡邉信晃(2019)リレーにおける渡し走者と受け走者の疾走能力の違いとバトンパス方法の関係:体育授業の場合.陸上競技学会誌,17:25-33.
  5. 山元康平・宮代賢治・内藤 景・白木駿佑・梶谷亮輔・大山卞圭悟・木越清信・尾縣 貢(2019)女子400m走におけるタイプを考慮したモデルレースパターンの作成.陸上競技学会誌,17:35-45.
  6. 三本木温(2019)血中乳酸濃度を指標としたウォーミングアップの強度の違いが30秒間全力ペダリング運動パフォーマンスに及ぼす影響.陸上競技学会誌,17:47-53.
  7. 比留間浩介・渡邉信晃・森 健一(2019)オーバーハンドスローにおけるステップの類型化とその特徴に関する横断的研究.陸上競技学会誌,17:55-66.
  8. 篠原康男・前田正登(2019)学生短距離選手における100m走との比較からみた200m走の疾走速度変化.陸上競技学会誌,17:67-77.
  9. 大橋祐二・宮代賢治・吉田孝久(2019)110mハードル走におけるパフォーマンス変動の要因分析 ―支持および滞空時間に着目して―.陸上競技学会誌,17:79-85.
  10. 青山清英・青山亜紀(2019)ウクライナにおける上級コーチ養成教育.陸上競技学会誌,17:87-93.

16巻(2018) →全文ダウンロードはこちら

  1. 須﨑康臣・兄井 彰(2018)陸上競技選手における自己調整学習方略と練習自己効力感との関連.陸上競技学会誌,16:1-10.
  2. 山田真也・荒川裕志・眞鍋芳明(2018)走幅跳における踏切調整技術に関するキネマティクス的研究.陸上競技学会誌,16: 11-18.  
  3. 前村公彦・吉岡利貢・梶谷亮輔・山元康平・遠藤俊典・木越清信・谷川 聡(2018)女子スプリンターにおける股関節内転筋群の形態的特性とロングスプリントパフォーマンスとの関係.陸上競技学会誌,16:19-26.  
  4. 大家利之・大沼勇人・吉本隆哉・山中 亮・輪島裕美・荻根澤千鶴・持田 尚・松田克彦・本田陽・松尾彰文・松林武生(2018)日本トップレベルの十種競技者における100m走レースの特徴 ~2009年から2015年のレースを対象として~.陸上競技学会誌,16:27-35.
  5. 大木雄太・國部雅大(2018)注意の焦点づけが陸上競技投てき競技者のパフォーマンスに与える影響.陸上競技学会誌,16:37-46.
  6. 遠藤俊典(2018)「発育・発達論」から「競技者育成論」への展開.陸上競技学会誌,16: 47-59.  

 

15巻(2017) →全文ダウンロードはこちら

  1. 柴田篤志・清水 悠・小山宏之(2017)競技レベルが異なる男子ジュニア走幅跳競技者の踏切動作の特徴.陸上競技学会誌,15:9-17.
  2. 篠原康男・前田正登(2017)短距離走スタートにおける第1歩目への着地からみたブロッククリアランスと加速様態に関する研究.陸上競技学会誌,15: 19-33.  
  3. 前田 奎・大山卞圭悟・広瀬健一・尾縣 貢(2017)円盤投における並進運動に関するパラメータと円盤の初速度との関係.陸上競技学会誌,15:35-46.
  4. 関慶太郎・村越雄太・青山清英(2017)最大下努力度でのリバウンドジャンプにおける下肢筋群の負荷特性.陸上競技学会誌,15: 47-54.  
  5. 内藤 景・苅山 靖・山元康平・宮代賢治・谷川 聡(2017)試合期における100mレース中のストライドおよびピッチの個人内変動.陸上競技学会誌,15:55-66.
  6. 東中友哉・河村剛光・越川一紀・中田 学・青木和浩(2017)走高跳の助走における視線行動.陸上競技学会誌,15: 67-75.  
  7. 青山亜紀(2017)現代のトップ選手の競技力形成に関するプラトーノフの思想.陸上競技学会誌,15: 77-84.  
  8. 近藤克之(2017)パラ陸上競技におけるコーチングに求められる省察的実践について.陸上競技学会誌,15:85-89.
  9. 鈴木いづみ・田口素子(2017)新しいスポーツ栄養ガイドライン“Nutrition and Athletic Performance” の解釈と陸上競技選手への応用.陸上競技学会誌,15: 90-103.  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする